僕のmyブログ

こどもの成長

うちは両親ともに運動神経が鈍い。


娘はなぜか、運動神経がいい。


動くのが大好き。


体も柔らかい。


鉄棒もできる。


かけっこはいつも3位である。


ダンスも上手にできる。



ジャングルジムに登って、


両足でたつことができる。


いったいどこが親に似たのか???

摩訶不思議。

冬バナー
http://nanpou.jp/

娘は口語訳聖書が2歳の時から読めた。


ひらがなを聖書で全部読み終えてしまったからだ。


だから、いつも水曜日になると、


礼拝で一人ずつ聖書を1節読むのだが、


娘も混じって呼んでいた。


娘は、言葉がしゃべれるようになると、すぐに、


礼拝のあと「アーメン」と言い始めた。


周囲の人々が喜んだのはもちろんだ。


今でも、食事のときには、


ふりがなの振っていない


聖書の1節を読ませる。


もちろん、わからない漢字は


妻が教える。


娘は、「神」「人」「愛」「言葉」などが読めるようになった。


第二テモテ3章16節「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」

冬バナー
http://nanpou.jp/

娘は赤ちゃんの頃から、


教会のピアニストである


妻の背中におんぶされて、


日曜日、水曜日の礼拝に出ていた。



特に2歳くらになると、


妻にだっこされながら、聖歌隊に参加した。


そして、大きな声で、


歌っていた。


娘は唄がとても好きなのである。


だから、たまには、


部屋で


家族で


ピアノとギターで


賛美したいする。


そんな時は


とても気分がいいものである。



コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から髪に向かって歌いなさい。」

冬バナー
http://nanpou.jp/

このページのトップヘ