僕のmyブログ

こどもの成長

ゴールデン・ウィークを利用して


綾のつり橋に行った。


最初、金曜日に行こうとしたが、


雨なのであきらめた。


土曜日に起きると、雨が降っていた。

そこで、

とりあえず、

お弁当を持って、

酒泉の森へ行った。


そこで、ガラス細工や陶芸を見た。

そして、ソフト・クリームを食べた。

それから、ガラスのアクセサリーつくりをした。

すると、雨が止んだので、

お弁当を食べて、綾へ向かった。

綾のつり橋は観光客で混んでいた。

なんとか、車を駐車し、

橋へ向かった。

記念碑の前に三脚が設置してあった。

そこで、記念撮影をした。

そして、橋を渡った。

大勢の人で橋が揺れていたので、妻は怖いといった。

娘ははしゃいでいた。

30ふんほどで、往復した。

橋はとても、高く、景色は良かった。

とても良い休日となった。

冬バナー
http://nanpou.jp/


日曜日の


2時に私立図書館へ行った。


娘は絵本を10冊ほど借りた。


時間をかけて好きな本を妻と選んだ。


わたしは、成人のコーナーで水を飲み、


椅子に腰かけて眠っていた。


気が付くと妻に起こされた。

そのあと、

図書館に隣接してあるアスレティック・ジムで娘は3時まで遊んだ。

それから、買い物に行った。

日用品や、100円ショップなどに行った。

買い物が終わると4時半だった。

いそいで、家に帰り、妻と娘で荷物を部屋に運んだ。

友人から、電話があった。

わたしたちは、友人の家に迎えに行った。

そして、ファミレスに行った。

私はミックス・グリルを頼んだ。

少し、疲れたが楽しい一日だった。

冬バナー
http://nanpou.jp/


ヨハネ4章14節「しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して乾くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」


より、娘には「永遠のいのちを確信する人」になってほしい。


そのためには、しっかりした信仰を持ってほしい。


へブル11章1節「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」



そして、神をほめたたえてほしい。


コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向って歌いなさい。」


そして、主を待ち望んで欲しい。


詩篇40篇1節「私は切なる思いで主を待ち望んだ。主は私のほうに身を傾け、私の叫びを聞き、」


以上より娘には、「永遠のいのちを確信する人」になってほしい。


冬バナー
http://nanpou.jp/

このページのトップヘ