僕のmyブログ

こどもの成長

使徒行伝13章48節「異邦人たちは、それを聞いて喜び、主のみことばを賛美した。そして、永遠のいのちに定められている人たちは、みな、信仰にはいった。」


より、「娘には信仰深く賛美する人になってほしい。」


主に賛美する。


コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の唄により、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。」



柔和であること。


マタイ5章5節「柔和なものは幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。」


主に感謝すること。


詩篇107篇1節「「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」


信仰を持つ。


へブル11章1節「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」


以上をもって、


娘には「信仰深く賛美する人に」なってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

妻は〇〇音楽大学の声楽家である。


だから、ピアノも弾けるし,アルトやソプラノが歌える。


妻は少しづつ、娘にピアノを教えている。


娘は少し覚えて、「チューリップ」くらいは弾けるようになった。


しかし、妻は自分で教えるのはいやだという。


娘はよく、私の部屋に来てはピアノを弾いている。


うちには、妻のアップ・ライト・ピアノがある。

妻が働いたら、娘にピアノ教室に通わせ予定でいる。

冬バナー
http://nanpou.jp/


ヤコブ1章12節「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。」

娘には「信仰によって試練に耐える人になってほしい。」

そのためには、

信仰を固く持ってほしい。

へブル11章1節「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」

また、主を信頼してほしい。

エレミヤ17章7節「主に信頼し、主を頼みとする者に、祝福があるように。」

また、主を賛美してほしい。

詩篇13篇6節「私は主に歌うたいます。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。」

以上をもって、


娘には「信仰によって試練に耐える人」になってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/


このページのトップヘ