僕のmyブログ

こどもの成長

娘と妻と、


ひさしぶりに


〇〇公園に行った。


これは、娘が決めた公園だった。


この公園が家から一番遠い。


小学校の裏にある。


娘は自転車に乗り、


スピードを出して


疾走していった。


「危ないから待って」


と妻と私は言った。


途中の自販機で、


アイス・コーヒーとメロン・ソーダを買った。


着いたら、すぐにおやつになった。


わたしは、せんべいを食べてアイス・コーヒーを飲んだ。


娘はおやつをたくさん、食べていた。


そして、妻と3人で、鬼ごっこと高鬼をした。


わたしは、すぐに休んだ。


妻と娘はいつまでも、鬼ごっこをやっていた。


そして、妻と娘はジャングル・ジムに上った。


12時になったので、「帰ろう」と言った。


娘は最後に鉄棒と妻と鬼ごっこをした。


そして、帰りに郵便局へ寄って帰った。

冬バナー
http://nanpou.jp/

Ⅰテサロニケ2章20節「あなたがたこそ私たちの誉であり、また喜びなのです。」


私は、娘に「誉と喜びに満ちた人になってほしい。」


そのためには、絶えず祈ってほしい。


使徒2章46節「そして、毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き。食事をともにし」


心をともにして祈ってほしい。


そして、真実であってほしい。


ホセア2章20節「わたしは真実をもって、あなたと契を結ぶ。このとき、あなたは主を知ろう。」


そして、勇気を持ってほしい。


エレミヤ1章7節「すると主は私に仰せられた。「まだ若いと言うな。わたしがあなたを遣わすどんなところへでも行き、わたしがあなたに命じるすべてのことを語れ。」

そして、いつも喜んでほしい。

ピリピ2章18節「あなたがたも同じようによろこんでください。私といっしょに喜んでください。」


以上。

冬バナー
http://nanpou.jp/

ヤコブ3章10節「賛美とのろいが同じ口から出てくるのです。私の兄弟たち。このようなことは、あってはなりません。」

より、娘には「主を賛美する人」になってほしい。

そのためには、信仰をしっかり持ってほしい。

へブル11章1節「信仰は望んでいる事がらを保証し、目にみえないものを確信させるものです。」

そして、心の清いものであってほしい。

マタイ5章8節「心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。」

そして、悔い改めてほしい。

詩篇51篇17節「神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。」

以上を持って娘には、「主を賛美する人」になってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

このページのトップヘ