昨日、めずらしく妻が6時に起きた。


なにやら、お弁当を作っているようだ。

中身はハンバーグ弁当。


そうだ。


娘のたこあげ対会の日だったのだ。


ちょうど休みが取れたので、父兄参観ということになった。


大淀川の川べりで、たこあげはやっていた。



前日の夜の



我が家恒例の水曜聖書お祈り会で


娘は「明日晴れますように!」と祈ったのだった。


当日はみごとに暖かい晴れの日だった。


妻とわたしが到着すると娘はダンボールに乗って、


川べりをスライドする遊びをしていた。

娘は要領が悪く。

次々とほかの子供に順番を抜かされていく。

そこで、さすがに先生。

「Kちゃんおいで」と娘を列に入れてくれた。

やっと娘が斜面から降りてきた。

さっそく、妻とわたしは「Kちゃん凧をあげてみて!」と言った。

娘は自作の凧で記念撮影。

そして、凧をあげるところを妻と私はビデオに撮った。

失敗して、何回も取り直した。

妻もためしに、Kちゃんの凧をあげてみた。

「もう帰るよ。」というと娘は少し寂しそうだった。

「ママのハンバーグ弁当を楽しみに食べるのだよ。」と言い聞かせ、

私たちは自宅に帰った。

秋晴れの良い一日だった。

tako冬バナー
http://nanpou.jp/