1章5節「わたしは、あなたが腹から出る前から、あなたたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」


娘は生まれる前から神様に愛されていた。


娘には、「神様に愛される人になって欲しい。」


3章16節「神は実に、その一人子をお与えになったほどに、世を愛された。」



神様は娘が苦しまなくても良いように、御子イエスをこの世に送ってくださった。


Ⅰヨハネ4章19節「私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。」


娘にはぜひ、「神様に愛される子に育って欲しい。」

冬バナー
http://nanpou.jp/