詩篇108篇1節神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほこあの歌を歌いましょう。」


娘には「いつも主を褒め称え、賛美する人になってほしい。」

そのためには、悔い改めた心が必要である。

詩篇51篇2節「どうか私の咎を、私から全く荒い去り、私の罪から、私をきよめてください。」

明確な信仰告白が必要である。

ルカ23章42-43節「そして言った。「イエスさま、あなたの御区kにの位にお着きになるときには、わたしを思いだしてください。」イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

ローマ10章10節「人は心に信じて義とされ、口で告白して救われることがない。」

そして、みことばを伝える人になってほしい。

ローマ10章15節「遣わされなくては、どうして述べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の愛車なんとりっぱでしょう。」

そして、霊から賛美してほしい。

コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かにすまわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊との歌により、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。」

以上を持って、娘には、

「いつも主をほめたたえ、賛美する人になってほしい。」

冬バナー
http://nanpou.jp/