久しぶりに娘とトランプをした。


やったのは、大富豪。


わたしの部屋の布団をどかして、スペースを作った。


娘は大富豪を覚えたばかりだ。


娘はカードを切ることができない。


わたしがくばると、


すぐに娘は取って手元で並べるが時間がかかる。


いざ、対戦。


最初、わたしが、あがろうとすると、娘が「私が先にこれを出したい。」とずるを言った。


しかたがないので、同店とした。


続いて、3回連続で娘が勝った。


娘は大満足であった。


ノートに対戦表を書いて満足そうだった。


娘は丁寧にトランプをケースにしまった。


なかなか、面白かった。

冬バナー
http://nanpou.jp/