エペソ2章10節「私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えてくださったのです。」

より、娘には「良い神の作品となってほしい。」

そのためには、明確な信仰がほしい。

ヨハネ3章16節「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

そして、行いを伴ってほしい。

ヤコブ2章18節「さらに、こう言う人もあるでしょう。「あなたは信仰を持っているが、私は行いを持っています。行いのないあなたの信仰を、私に見せてください。私は、行いによって、私の信仰をあなたに見せてあげます。」

そして、主を恐れてほしい。

箴言23章17節「あなたは心のうちで罪びとをねたんではならない。ただ主をいつも恐れていよ。」

そして、主を賛美してほしい。

詩篇34篇1節「私はあらゆる解きに主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある。」

以上より、娘には「神の良い作品」になってほしい。

http://nanpou.jp/冬バナー