詩篇33篇21節「まことに私たちの心は主を喜ぶ、私たちは、聖なる御名に信頼している。」


より、娘には、「主を喜。び、信頼する人になってほしい」


そのためには、明確な信仰が必要だ。


ヨハネ3章16節「神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。


そして、主を賛美してほしい。


詩篇119篇171篇「私の舌は、あなたのみことばを歌うようにしてください。あまたの仰せはことごとく正しいから。


そして、聖書を読んで欲しい。

Ⅱテモテ3章15節「また、おsdsんしころから聖書に親しんできたことを知っているからです。聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。」


そして、主に信頼してほしい。

詩篇9篇13節「主よ。私をあわれんでください。私を憎む者から来る私の悩みを見てください。」


以上。

娘には、「主を喜。び、信頼する人になってほしい」


冬バナー
http://nanpou.jp/