僕のmyブログ

こどもの成長

2017年02月

昨晩は娘と一回だけトランプをした。


本来ならば、私はいつも寝てしまうのだが、一回だけやることにした。


やったのは、7ならべだ。


最初は娘が調子が良かった。


しかし、わたしがせき止めているので、娘が出せなくなった。


妻はパスをしてピンチになった。


妻が娘に「ここ出してよ。」と言ったら、


素直に娘は出してしまった。


妻が一位になった。


娘は自分が出せるカードがなくなってしまった。


娘は、2を持っていたが、KINGが出ているので、1からしか出せない。


最後にわたしは、1を持っていた。


わたしは、娘に「2を出していいよ。」と言ったが、


娘は、「ルールだから出さない。」と言った。


結局私が2位で、娘がぴりだった。


もう一回やろうか、と言ったが、娘はすねてしなかった。


ママと絵本を読んで寝ることにした。

冬バナー
http://nanpou.jp/

Ⅱテサロニケ3章4節「私たちが命じることを、あなたがたが現に実行しており、これからも実行してくっることを私たちは、主にあって確信しています。」


娘には、「実行力のある人」になって欲しい。


それも、自分の自己中心ではなく、神様が命じたことを素直に実行する人になって欲しい。


ルカ1章37節38節「神にとって不可能なことは非おっ津もありません。」マリヤは言った。「ほんおつに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことば通りにこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

すなおに神様の計画を認めて従うことである。

神様のビジョン計画はすばらしい。

箴言4章27節「右にも左にもそれてはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ。」

そのためには、魂を砕くことだ。

詩篇51篇17節「神へのいけにへは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。」


どうか、娘には心を砕いて真実し、「神様の計画を実行する人」になって欲しい。


冬バナー
http://nanpou.jp/


Ⅰテサロニケ5章16節から18節「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」


娘には、「絶えず感謝する人になって欲しい。」


感謝するには、愛が必要である。その愛は神様から来る愛である。


Ⅰコリント13章13節「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すべているのは愛です。」


愛するには祈りが必要です。


あのネヘミヤも困った時、祈ったし、


ダニエルも、困った時、祈りました。


ノアは箱舟から出た時に、まず最初に祭壇を築いて祈りました。



そして、聖書の言葉が必要です。


詩篇119篇56節「あなたの仰せはことごとく真実です。彼らの偽りごとを持って私を迫害しています。」


主の言葉は真実です。


どうか、むすめには、①愛②祈り③聖書を持って「絶えず感謝する人」になって欲しい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

1章5節「わたしは、あなたが腹から出る前から、あなたたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」


娘は生まれる前から神様に愛されていた。


娘には、「神様に愛される人になって欲しい。」


3章16節「神は実に、その一人子をお与えになったほどに、世を愛された。」



神様は娘が苦しまなくても良いように、御子イエスをこの世に送ってくださった。


Ⅰヨハネ4章19節「私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。」


娘にはぜひ、「神様に愛される子に育って欲しい。」

冬バナー
http://nanpou.jp/

○○動物園は以前、よく娘と行った公園である。


中には、メインはライオン・バスである。


一度だけ祝日に行ったことがあるが、非常に混んでいた。


券売機のところが行列である。


人気がある。


バスに乗ると、子どもはライオンのシールがもらえる。


バスからは5,6頭のライオンが大胆にえさを食べているすがたが、堪能できる。


ライオンは、バスの窓のすぐ近くまでくるので、大変迫力がある。


ほかには、像がいる。


キリンもいる。


娘が最初に来た時に気に入ったのが、「カンガルー」であった。「カン」と言って離れないのである。


今ではその熱は冷めてしまった。


コアラもいる。


コアラのところでアイスクリームが売っている。


また、季節によっては、衣装を着てコアラのぬいぐるみと記念撮影ができる。


そして、トラもいる。


また、モルモットにさわることができる。


ほかにも、たくさんの動物がいて、一日では回りきれない。


いつも、妻の作ったお弁当を持っていく。


とても楽しい思い出だ。

冬バナー
http://nanpou.jp/


このページのトップヘ