僕のmyブログ

こどもの成長

2017年03月

久しぶりに娘とトランプをした。


やったのは、大富豪。


わたしの部屋の布団をどかして、スペースを作った。


娘は大富豪を覚えたばかりだ。


娘はカードを切ることができない。


わたしがくばると、


すぐに娘は取って手元で並べるが時間がかかる。


いざ、対戦。


最初、わたしが、あがろうとすると、娘が「私が先にこれを出したい。」とずるを言った。


しかたがないので、同店とした。


続いて、3回連続で娘が勝った。


娘は大満足であった。


ノートに対戦表を書いて満足そうだった。


娘は丁寧にトランプをケースにしまった。


なかなか、面白かった。

冬バナー
http://nanpou.jp/

ヨエル3少尉9節「諸国の民の間で、こう叫べ、聖戦をふれよ。融資たちを古い立たせよ。」


娘には「信仰の戦士として勇気ある人」になってほしい。

勇気

ヨシュア1章6節「強くあれ。雄雄しくあれ。わたしが彼らに与えるとその先祖たちに誓った地を、あなたは、この民に継がせなければならない。」

信仰。

Ⅰコリント13章13節「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」

たましいから主を慕うもの。

詩篇42篇1節「滋賀が谷川の流れをしたいあえぐように、神よ、私のたましいはあなたを慕いあえぎます。」

主を賛美する。

詩篇34篇1節「私はあらゆるときに主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある。」

以上を持って、

娘には、「信仰の戦士として勇気ある人」になってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

Ⅰテモテ6章11節「しかし、神の人よ。あなたは、これらのことを避け、正しさ、敬虔、信仰、愛、忍耐、柔和を熱心に求めなさい。」

娘には、「愛を持ち、柔和な人に成ってほしい。」

そのためには、神の霊に満たされてほしい。

ヨブ32章4節「神の霊が私を造り、全能者の域が私にいのちを与える。」

そして、主を賛美してほしい。

詩篇147篇1節「ハレルヤ。あmことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。まことに楽しく、賛美は麗しい。」

そして、いつも主とともにいてほしい。

詩篇23篇6節「まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追ってくるでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。」


以上を持って娘には、

「愛を持って、柔和な人」になってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

Ⅱコリント6章6節「また、純潔と知識と、寛容と親切と、聖霊の偽りのない愛と、」


より、


娘には、「偽りのない純粋な人」になってほしい。


そのたみには、主を賛美してほしい。


詩篇108篇1節「神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほめ歌を歌いましょう。」


そして、主の教えを守ってほしい。

箴言3篇1節「わが子よ。私のおしえを忘れるな。私の命令を留めよ。」


そして、神様の計画にそって歩んでほしい。

ヨブ記42篇2節「あなたには、すべてができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました。」

以上を持って、


娘には、「偽りのない純真な人」になってほしい。

冬バナー
http://nanpou.jp/

詩篇108篇1節神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほこあの歌を歌いましょう。」


娘には「いつも主を褒め称え、賛美する人になってほしい。」

そのためには、悔い改めた心が必要である。

詩篇51篇2節「どうか私の咎を、私から全く荒い去り、私の罪から、私をきよめてください。」

明確な信仰告白が必要である。

ルカ23章42-43節「そして言った。「イエスさま、あなたの御区kにの位にお着きになるときには、わたしを思いだしてください。」イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

ローマ10章10節「人は心に信じて義とされ、口で告白して救われることがない。」

そして、みことばを伝える人になってほしい。

ローマ10章15節「遣わされなくては、どうして述べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の愛車なんとりっぱでしょう。」

そして、霊から賛美してほしい。

コロサイ3章16節「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かにすまわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊との歌により、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。」

以上を持って、娘には、

「いつも主をほめたたえ、賛美する人になってほしい。」

冬バナー
http://nanpou.jp/



このページのトップヘ